交通事故 | 法律的なことは専門家にまかせることでトラブルなく処理できます

法律的なことは専門家にまかせることでトラブルなく処理できます

気軽に相談できる法律の専門家について

交通事故

交通事故の事後処理には弁護士に

交通事故の被害者または加害者となった場合には、本人が直接交渉を行うよりも弁護士など第三者を立てて交渉を行う方が事後処理がスムーズに行きます。特に自動車保険においては、弁護士サポートサービスが付与されている場合があり、この場合には加害者または被害者の両方でサポートを受けられます。しかし、自動車を保有していない人や自動車保険に入っていない場合には、新たに弁護士を雇う必要があります。 近年は、交通事故は減っているとはいえ、それでも年間何万人という人が交通事故に巻き込まれています。そのため、交通事故の事後処理を専門に行う弁護士事務所も多くあり、今後も増えるものと予測されます。またそのような弁護士を紹介してくれるサービスも増えてきています。

交通事故で弁護士を雇った場合の注意点

交通事故の事後処理で弁護士を雇う場合の注意点としては、ひとつは被害者であるか加害者であるかということです。 当然のことながら加害者で弁護士を雇うという場合には、自動車保険に入っていないということになります。この場合には示談交渉などを行ってもらうことになりますが、それなりの費用を支払うことになりますし、慰謝料や医療費などの支払いも行うため負担の大きいものになります。 一方で、被害者として交通事故の事後処理に弁護士を雇う場合には、交渉を適正に行えるメリットがあり、示談までスムーズに進めることが可能です。ただし治療費に関しては分かりやすいものの慰謝料に関しては要求金額によっては長期間に及ぶ場合があります。