法律的なことは専門家にまかせることでトラブルなく処理できます

気軽に相談できる法律の専門家について

計算方法

相続税の計算方法人による違いについて

平成27年から相続税が改正されました。基礎控除の5千万円と、相続人一人当たりの控除額1千万円がそれぞれ6割の3千万円と600万円になり、従来の仕組みでは必要がなかった人の多くが課税対象になっています。 一方で、相続税のために遺された家族が家や家業まで失ってしまうことがないように、財産評価の計算の際に人によって異なる計算をします。 相続人が住むための不動産や、事業のために必要な事業用財産については、小規模宅地の評価減といって、最大8割まで価格を下げることができます。 相続した財産にその後住む人や、その不動産を利用した事業を引く次ぐ人が受け取るか、それ以外かによって、全体としての税負担に大きな影響があるので、財産の分配方法と税負担については慎重な対応が必要です。

相続税の計算申告が必要な場合について

相続税の計算方法が平成27年から変わり、これまで5千万円だった基礎控除が3千万円、1千万円だった一人当たりの控除額が600万円と、それぞれ6割になりました。 これによって、相続税の課税対象自体も、一部のお金持ちから、地価が高いエリアに自宅を持っているだけでも財産の価格が控除の範囲を超えて、課税される可能性が出てきました。 ところで、相続税を払うために住むための家を失っては本末転倒なので、自宅や家業の事業に利用する不動産は、小規模宅地の評価減という仕組みを利用することができます。 ただし、小規模宅地の評価減の適用を受けるためには、その計算経過と、だれが相続することで評価減の要件を満たすかなど、計算過程を記載した申告書を提出する必要があります。 結果として税額が0になっても、申告をしないと評価減が適用されず、納税が必要になることがあるので注意しましょう。