法律的なことは専門家にまかせることでトラブルなく処理できます

気軽に相談できる法律の専門家について

加害者の立場

事故の加害者の立場を理解する

交通事故による責任は、保険会社に対して請求しなくてはいけません。 そもそも、交通事故における実質的な被害に関しては他の傷害事件などのような案件とは根本的に異なります。 交通事故は、自動車が絡んだ事故であることは言うまでもありません。 加害者が乗っている自動車には、日本の法律上必ず自賠責保険が適用されることになるため民間の保険会社に入っていなくても賠償を請求できます。 後遺障害を背負ってしまったときには、一般的な請求よりも膨大な金額を相手に対して請求できるため必ずその準備をしなくてはいけません。 加害者が保険に加入していればその保険会社に対して実質的な請求を行わなくてはいけないため、直接的に請求するわけではないことを理解する必要があるのです。

賠償の証明は必ず証拠で行う

後遺障害を認定されるほどの大きな事故であるのならば、必ずその証拠が必要になります。 後遺障害を背負うほどの交通事故は、一般的な交通事故と根本的に異なります。 後遺障害を背負ってしまうと日常生活を送ることが出来ないくらいのダメージを一生背負うことになるため、そのための保証をきちんと相手からしてもらわなくてはいけません。 一般的に、後遺障害によって生活ができなくなった場合には少なくとも数千万円から数億円のお金を請求できます。 これに加えて、それまで働いて稼いでいた給料なども換算して将来的に得られたであろう利益も加味していくのです。 後遺障害では様々な要素が組み合わさっていくため、それを証明するためには必ず証拠が必要になります。

  • 計算方法

    平成27年から相続税の計算方法が改正されました。相続税の課税対象自体も、一部のお金持ちから、地価が高いエリアに自宅を持っているだけでも財産の価格が控除の範囲を超えて、課税される可能性が出てきました。

    詳しく読む

  • 交通事故

    交通事故の被害者または加害者となった場合には、本人が直接交渉を行うよりも弁護士などを立てて交渉を行う方がスムーズに行きます。弁護士を雇う場合の注意点としては、ひとつは被害者であるか加害者であるかです。

    詳しく読む

  • 後遺障害

    後の修理費用から後遺障害の治療費用に至るまで、全ての交渉は保険会社の方に任せるのがベストです。また、事故の後にかなり時間が経過してから後遺障害の症状が出て来るケースも少なくありません。

    詳しく読む

  • 相続専門

    相続は争いに成る場合もあるので、相続専門の弁護士に相談されて、スムーズな手続きをすることをおすすめします。相続専門の弁護士は豊富な知識と実務経験で、依頼主様のためになる相続手続きを行ってくれます。

    詳しく読む